日本代表

    1: Egg ★ 2020/02/07(金) 18:45:00.68 ID:T34Ww2Nw9
    森保ジャパンに異変が生じた。2022年カタールW杯アジア2次予選を戦う日本代表の欧州組がそろって苦境に立たされている。特に10番を背負うMF中島翔哉(25=ポルト)とともに“三羽ガラス”のMF南野拓実(25=リバプール)、MF堂安律(21=PSVアイントホーフェン)が今年に入りサブに降格するなど、3月決戦に向けて不安は広がっており、結果次第では森保一監督(51)の去就問題が再燃しかねない状況だ。

     危機的状況だ。イタリア移籍が破談したDF長友佑都(33)は所属するガラタサライ(トルコ)で選手登録を外れ、今後の公式戦出場が不可になるなど“飼い殺し”状態に追い込まれる中、サンプドリア(イタリア)に移籍した代表主将のDF吉田麻也(31)も、昨年からほぼ出場機会がなく、まだ再起のメドは立っていない。

     2人は日本代表の主力でDF陣のリーダー。元日本代表MF前園真聖氏(46)も、かねて「いくら欧州でプレーしていても試合に出られなければ、コンディション調整も難しくなるし、体力や試合勘などにも影響がないわけではない。決して万全な状態とは言えないでしょう」と話していたように、好パフォーマンスは期待できない。

     攻撃陣も安定していない。中でも深刻なのは森保ジャパンの象徴となった“三羽ガラス”だ。欧州チャンピオンズリーグでも存在感を示し、日本代表で5試合連続得点をマークした南野は、1月に名門リバプール(イングランド)入りを果たすも予想通りに出場機会は激減。イングランド協会カップ(FA杯)で2試合先発もリーグ戦は2試合の途中出場にとどまるなど、今後のW杯予選への影響も懸念される。

     堂安はクラブの監督交代でサブに降格。今年に入ってからは途中出場の1試合のみと苦しんでいる。また、中島も今季リーグ19試合で先発4試合と定位置を確保できていない中、1月に負傷離脱。4日のポルトガルカップ準決勝で途中出場したものの、まだベストコンディションとは言えず、日本代表は攻守両面で不安を抱えている。

     3月にW杯予選ミャンマー戦(同26日)と、同モンゴル戦(同31日)を控えて、レギュラー陣が“壊滅状態”とあってはベスト布陣で臨めるかは微妙だ。その上、森保監督が兼務する東京五輪代表はU―23アジア選手権(1月、タイ)の1次リーグで敗退し、批判が噴出している。3月決戦でふがいない戦いを見せれば、解任論の再浮上は避けられない。

     7日に欧州視察へ出発する森保監督は以前から「結果が伴わなければ責任問題、批判は当然出てくるもの」と話していたが、チームの危機的な状況を打開する策はあるのだろうか。

    2/7(金) 16:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200207-01728273-tospoweb-socc

    【森保ジャパンが壊滅ピンチ!欧州組がそろって苦境…】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/11/22(金) 13:12:27.76 ID:Onnf4DC39
    サッカー国際親善試合「キリンチャレンジカップ」のベネズエラ戦で選手を鼓舞する森保一監督(c)朝日新聞社
     五輪の金メダルはますます遠のいた。サッカーの親善試合「キリンチャレンジカップ」2試合が国内で行われたが、サッカーファンはさぞかしがっかりしたことだろう。東京五輪世代のU22(22歳以下)は、17日のコロンビア戦で0-2で完敗。19日のA代表は、W杯出場経験がないベネズエラに1-4で惨敗した。

     いずれも監督は森保一氏が兼任しているが、この体制に限界が訪れつつあるようだ。「東京五輪で金メダル」を掲げる森保監督だが、A代表の活動が忙しく、U22は横内昭展・監督代行兼コーチにほぼ任せっぱなしだという。

    「どちらの試合も、監督はチーム力の底上げを求めて、固定メンバー以外の選手の台頭を期待していましたが、いま一つでした」

     そう話すのは、専門誌「サッカーダイジェスト」元編集長の六川亨さんだ。六川さんは、U22の直接的な敗因について「東京五輪の主力になるであろう久保(建英)と堂安(律)のコンビネーションが少なかった」と指摘する。確かに、U22は、A代表経験を重ねたMF久保建英(マジョルカ)と堂安律(PSVアイントホーフェン)の両選手が初めてこのチームの一員としてピッチに立つも、孤立する場面が多くみられた。

     だが、根本的な敗因がほかに存在することの方が重大な問題だという。

    「チームの完成が相当遅れていることが、大問題だと思います。本来であれば、今の時期にはすでに主力の顔ぶれが決まっていて、東京五輪のチームの骨格ができあがっている状態。前回大会のリオ五輪ではこの時期までには決まっていました。しかし森保監督はまだ選手を試したいようで、FWもボランチも誰を使うのか見えてこない」

     U22は、来年1月には東京五輪の予選大会である「AFC U23選手権」(アジア選手権)を控えている。すでに日本は開催国枠での出場権を持つため、平たく言えば「負けてもよい」大会なわけだが、出場権をかけて死に物狂いで向かってくる他国とぶつかり合える貴重な大会でもある。六川さんはこう話す。

    「大会後、3月の練習マッチと5月の国際大会を経て、五輪のメンバー選考を行います。ここから逆算しても、本来はこの1月の大会にピークを持っていかなければならないのに、完成度が低い。監督交代を決断するなら今しかないと思います」

     果たして、森保監督と日本サッカー協会の“采配”は?

    11/22(金) 12:52配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191122-00000027-sasahi-socc

    写真 no title

    【<完敗の森保ジャパンの抱える大問題>監督交代は「今しかない」のか?】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/11/21(木) 19:03:22.94 ID:Q3D8MNaJ9
    日本はベネズエラに1-4の惨敗 「なんて悲劇だ!」

     日本代表は19日、国際親善試合でベネズエラ代表と対戦。前半だけで4失点を喫する守備の崩壊ぶりを露呈し、ホームで1-4の大敗を喫した。

     この結果を受け、かつてアジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、ワールドカップ(W杯)を6大会連続で取材した英国人記者のマイケル・チャーチ氏は、「なんて悲劇だ!」と日本の守備崩壊に驚きを示しつつ、先発した日本代表DF佐々木翔(サンフレッチェ広島)について「あまりに実力不足」と辛辣な言葉を投げかけている。

    また、ベネズエラが見せた力強いパフォーマンスには「日本の目を覚まさせる息吹を吹き込んだ」と指摘している。

     ◇   ◇   ◇

     なんて悲劇なんだ! 火曜日の夜、日本の守備陣は震えながら布団についたことだろう。なんとかして眠りにつくことができたとしても、夢の中では(ベネズエラ代表FW)サロモン・ロンドンが待ち構えていて、再び襲いかかる準備をしていたはずだ。

     巨大なベネズエラストライカーはパワー、存在感、ボールタッチで守備陣を怯えさせる多大なチャンスを生み出しており、森保監督がピッチに送り込んだ最終ラインよりもはるかに経験値で勝っていたのは確かだ。

     かつてウェスト・ブロム・アルビオンでプレーしていた男は卓越した技量の持ち主ではあるが、森保監督の元で守備的な戦術を磨いてきた日本がこれほどの大差で敗れたことだけでなく、前半に関してサムライ・ブルーが試合内容でも圧倒的に凌駕されていたことは、理解に苦しむ事態だ。

     最初の45分間で日本が見せた的外れな守備のパフォーマンスは考えられないものだった。コパ・アメリカでチリを相手に0-4で敗れた試合でさえポジティブな要素はあり、スコアほどの差はなかった。

    ■ホームで屈した屈辱的な敗戦に「日本は危機感を持つべき」

     最後に日本がホームで1-4の失態を犯したのは、東アジア選手権での韓国戦だったが、ハリルホジッチ前監督は経験値の少ない選手たちで構成したチームで大会に臨んだため、少なからず言い訳の余地は残されていた。

     もちろん森保監督も数多くの選手変更を施し、彼が考えうる最強のラインナップを排除したなかでの一戦となったが、バックアップの選手たちのパフォーマンスは疑う余地もなくクオリティーの問題を露呈する格好となった。

     川島永嗣はポストの間を託される存在には程遠く、佐々木翔に関しては、以前からそうであったが、あまりに実力不足だ。畠中槙之輔と植田直通のセンターバック(CB)コンビもベネズエラのフィジカルに対応できず苦悩させられ続けていた。

     ロンドンのパワーだけではない。ヤンヘル・エレーラ、ダルウィン・マチス、ジェッフェルソン・ソテルドに翻弄されることがあまりに多く、守備陣は彼らのボールタッチ、動き出し、冷静沈着さに戸惑い続けていた。前半において、ベネズエラの攻撃陣は常に一瞬先を行っていた。

     冨安健洋と吉田麻也、そして、おそらくではあるが、ボール供給においていまだ改善されない問題を抱えている権田もそうだが、将来的にも先発が確約されている立場であろうことを確認する結果となった。長友佑都にも同じことが言えるだろう。

     キリンカップの親善試合では歩行者の行列が頻繁に起きるが、対戦相手は多大な給与が渡され、最終的には日本が勝利するシナリオが既定路線となっていた。しかし、火曜の夜はそうはならなかった。ロンドンは試合前日に大阪の観光スポットで撮影した写真を投稿していたが、旅行するためだけに日本を訪れたわけではなかった。彼らは戦いにやってきて、そして、無意義で活気に欠ける親善試合に、日本の目を覚まさせる息吹を吹き込んだ。

     W杯予選の突破は実質的に保証されているかもしれないが、ラファエル・ドゥダメル監督にいくつかのレッスンを享受され、カタールW杯で大きなインパクトを残したいのであれば、日本は危機感を持つべきだ。

    Football ZONE web 2019年11月20日 20時40分
    https://news.infoseek.co.jp/article/footballzone_230372/

    写真
    no title

    【【日本代表】<ベネズエラに惨敗の森保ジャパン>英記者が断罪した日本人選手は?「あまりに実力不足」  】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/21(木) 14:57:40.39 ID:mKnbsNBK9
    GKは“権田一強体制”へ突入 植田が伸び悩み、吉田の相棒争いは冨安がリードか
     森保ジャパンは19日、キリンチャレンジカップ・ベネズエラ戦に1-4で大敗を喫した。
    12月に韓国で開催されるE-1選手権は国際Aマッチウィーク期間ではないため、国内組のみで臨む予定。
    欧州組中心では2019年ラストゲームを終えたが、初陣から25試合(17勝4分4敗)を戦ってきたなかで、各ポジション内のパワーバランスに変化は生じたのか。招集全73人をポジション別に分け、序列を見ていく。

    【一覧】森保ジャパン「全選手出場成績」
    https://www.football-zone.net/archives/212739?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=230345_6

    【序列内の記号/上から下へ序列高い順】
    ↑=2019年評価アップ
    →=2019年評価据え置き
    ↓=2019年評価ダウン
    ―=2019年出場なし

    ■GK
    ↑ 権田修一(ポルティモネンセ)
    ↓ シュミット・ダニエル(シント=トロイデン)
    → 川島永嗣(ストラスブール)
    ↓ 東口順昭(ガンバ大阪)
    ― 中村航輔(柏レイソル)
    → 大迫敬介(サンフレッチェ広島)
    ― 小島亨介(大分トリニータ)

    体制発足当初は権田、シュミット、東口の3人がしのぎを削っていたが、アジアカップ以降は権田とシュミットの“直接対決”へ。
    権田がシュミットの怪我で急遽先発した9月のパラグアイ戦から5試合連続でクリーンシートを達成し、ワールドカップ(W杯)予選でのファインセーブ連発で正守護神の座をがっちりとつかんだ。
    川島はコパ・アメリカ(南米選手権)以来の出場となったベネズエラ戦で4失点。今年3月以来の招集だった24歳の中村は出場機会がなく、“権田一強体制”が顕著に。周囲の奮起が期待されるところだ。

    ■センターバック
    → 吉田麻也(サウサンプトン)
    ↑ 冨安健洋(ボローニャ)
    ↓ 昌子 源(トゥールーズ)
    ↓ 植田直通(セルクル・ブルージュ)
    ↑ 畠中槙之輔(横浜F・マリノス)
    ↑ 三浦弦太(ガンバ大阪)
    ↓ 槙野智章(浦和レッズ)
    → 立田悠悟(清水エスパルス)
    ― 進藤亮佑(北海道コンサドーレ札幌)
    ― 荒木隼人(サンフレッチェ広島)

    吉田が軸なのは変わりないが、全体的にポジション争いは停滞気味だ。
    もう一枠のレギュラーに定着しつつあった冨安は10月のモンゴル戦で左太ももを痛めて離脱。
    W杯予選2試合を含めて代役を任された植田は連携面で不安を覗かせ、前半だけで4失点を喫したベネズエラ戦で負傷交代しており、不在だった冨安の価値が上がる形となった。
    今季故障に苦しんでいる昌子の復帰、畠中や三浦のさらなる突き上げが待たれる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191120-00230345-soccermzw-socc
    11/20(水) 19:10配信

    【日本代表「ポジション別最新序列」】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/21(木) 13:08:06.46 ID:mKnbsNBK9
    19日の親善試合でベネズエラに1―4と大敗した日本代表は20日に解散し、欧州組の選手は離日した。14日のW杯2次予選キルギス戦は勝利したが、U―22日本代表を率いた17日のU―22コロンビア戦は0―2で完敗。
    3試合で1勝2敗に終わった森保一監督(51)は、昨年7月の就任後初の逆風にさらされている。A代表ではMF柴崎岳(27)=デポルティボ=を中心に起用。所属クラブで出場機会が少ない司令塔に、なぜこだわるのか。金川誉記者が「読み解く」。

    悲惨な前半の45分間によって、ベネズエラ戦はある意味で盛り上がりを見せた。U―22、A代表で連敗した森保監督の手腕に疑問の声がネットを中心に浮上。
    話題の一つとなっているのが、所属クラブで出場機会の少ない柴崎を、25試合中19試合で先発起用し続けていることだ。

    ベネズエラ戦後、柴崎は「全責任は僕にあると思っています」と語った。ピッチ中央でプレーするボランチとして、周囲を動かす修正力は物足りなかった。ロシアW杯では16強進出の立役者になったが、昨季はスペイン1部のヘタフェでリーグ戦出場7試合。
    今季は同2部のデポルティボで直近3試合出場なし。代表でも結果が出なければ、他の選手に代えられてしかるべきだ。

    森保監督はキルギス戦前、柴崎にこだわる理由を約10分間にわたって明かしていた。1つ目は「戦術理解度が高く、それを具現化できる選手であること」。2つ目は「ロシアW杯であれだけやれた。
    評価は世界の中でトップの基準で示してくれていた」こと。「我々の評価の中で、岳より上の選手が出てきたら代える」とした上で、出場機会に恵まれていなくても「代表で試合に出ることがいいパフォーマンスにつながり、チームでポジションをとってもらえる。
    基本的には試合に出ている選手、という考えは持ちつつ、総合的に見ていい選手は我慢強く使っていく」と話した。

    問題は、指揮官の中で柴崎以上の人材がいないこと。海外組が招集されない12月の東アジアE―1選手権(韓国)で出場機会を得るであろう川崎MF大島僚太らは大きなチャンスと言える。
    一方で柴崎は、今回の代表で出た課題に向き合うはず。層の薄い司令塔タイプのボランチ競争が、この大敗をきっかけに激化していくのなら、屈辱の45分間も無駄ではなかったと思える。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191121-11200303-sph-socc
    11/21(木) 6:00配信

    【【日本代表】柴崎岳になぜこだわるのか... 】の続きを読む

    このページのトップヘ