日本

    1: Egg ★ 2019/11/23(土) 09:27:56.26 ID:Dc5w1jie9
    現地時間22日、U-23アフリカネイションズカップ2019の3位決定戦と決勝が行われ、東京五輪に出場するアフリカ大陸の3チームが確定した。

    まず行われたのは3位決定戦の南アフリカvsガーナで、この試合は2-2で120分のドロー決着。PK戦では8人目までもつれたものの、南アフリカがPK6-5で3位の座をつかみ取り、これにより東京五輪への切符を手にしている。

    このあと行われた決勝のエジプトvsコートジボワールは、互いに五輪出場を確定している状況ながら、U-23アフリカ王座を懸けた激しい戦いとなった。

    試合はエジプトが先制するも、89分にアブバカル・ドゥンビアが同点弾を叩き込んでコートジボワールが1-1に追いつく。延長に突入し114分、エジプトはエースのラマダン・ソブヒが決勝点をマークし、2-1で延長戦を制している。

    この大会ではエジプトの10番ラマダンが大会MVPに選ばれ、大会得点王のタイトルは同じくエジプトのムスタファ・モハメドが獲得した。エジプトは12度目の五輪出場が確定。2位コートジボワールは2008年大会に続く2度目の出場、南アフリカは2000年、2016年大会に続き3度目の五輪となった。

    また、これで東京五輪出場の16チーム中、日本、フランス、ドイツ、ルーマニア、スペイン、ニュージーランド、エジプト、コートジボワール、南アフリカと9チームが確定している。

    11/23(土) 8:36配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191123-00010006-goal-socc

    写真no title

    【<東京五輪>16チーム中、9チームが確定!アフリカからは、エジプト、コートジボワール、南アフリカの出場が決定 】の続きを読む

    no title
    1: Egg ★ 2019/11/15(金) 18:53:39.26 ID:LuqS5o4E9
    韓国紙が報道、ソン・フンミンの能力値が低いとファンが異例の声明

    世界的に人気のサッカークラブ経営シミュレーションゲーム「Football Manager 2020」で、韓国代表FWソン・フンミンの数値が低いことが、韓国サッカーファンの間で議論になっている。「韓国代表FWソン・フンミンの能力値があまりにも低いことを不満に思うファンが、異例の声明を発表した」と、韓国紙「スポーツ京郷」が報じた。

     声明の要約は次のとおりだ。

    「ソン・フンミン選手のスタッツを見て、とてもショックを受けています。今回のゲーム内での事態はスポーツインタラクティブ会社内において、民族・人種的な嫌悪主義者の介入があったのではないか、という疑心が生まれるしかない」

     つまり、今季の活躍からしても、ソン・フンミンの能力が低く設定されていることに不満を持つファンが多いというわけだ。

     さらに同紙は「日本のゲーム会社は、19日の正式発売を前に体験版を公開していた。問題の焦点はまさにソン・フンミンの能力値だった。バロンドール候補にも挙がり、世界的にも高い技術を持ったソンの数値があまりにも低い評価を受けている」と指摘している。

     ソン・フンミンの細かい能力値は個人技「15」、決定力「16」、ドリブル「15」、ミドルシュート「15」、オフ・ザ・ボールの動き「17」、活動量「16」、持久力「16」、生まれつきの体力「16」など攻撃や体力面の能力はかなり高いのだが、「問題はそのほかの数値だ」という。視野「12」、判断力「13」、集中力「11」、勝負欲「13」など、メンタル的な部分で平均以下や低い数値になっていたという。しかもリーダーシップは「5」、積極性は「8」とかなり低い評価だ。

     これについて同紙は「『Football Manager 2019』と比較しても似たような能力値だが、今季の活躍や技術面でも大きく飛躍したとサッカー界からは高い評価を受けているのに、ここではかなり低いのではないか」と韓国内から批判が起こっていると指摘している。

    11/14(木) 11:16 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191114-00228864-soccermzw-socc

    【世界的人気ゲームに韓国ファン不満!】の続きを読む

    このページのトップヘ