久保建英

    1: Egg ★ 2019/11/23(土) 08:57:05.97 ID:Dc5w1jie9
    3戦連続で先発を飾った久保 同点弾の起点となるプレーに、強烈なミドルシュートも放つ
    no title


    マジョルカは現地時間22日、リーガ・エスパニョーラ第14節でレバンテと対戦し、敵地で1-2と敗れた。先発した日本代表MF久保建英は不発に終わったものの、一時同点となるゴールを演出したパフォーマンスに海外記者が称賛の言葉を送っている。

    【動画】久保建英がチャンスメイク! 同点ゴール演出&GK強襲の一撃も…「レバンテ×マジョルカ」(2-1)ハイライト
    https://www.football-zone.net/archives/230743/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=230743_6

     久保は10日に行われた前節ビジャレアル戦(3-1)で豪快なミドルシュートを叩き込み、待望のリーガ初ゴールを記録。その後、広島で行われたU-22日本代表のコロンビア戦の出場を経て、レバンテ戦でも3試合連続となる先発出場を飾った。

     代表招集による長距離移動直後の一戦となったが、久保はチームをけん引する好パフォーマンスを披露する。0-1のビハインドで迎えた後半10分、右サイドの高い位置でボールをキープして相手守備陣を引きつけると、オーバーラップで駆け上がったDFジョアン・サントレに縦パスを供給。クロスから同点弾が生まれた。

     同28分にレバンテに勝ち越しゴールを許す苦しい展開のなか、同アディショナルタイムにはペナルティーエリア手前でボールを受けた久保が左足で豪快な一撃を放つが、守備陣に当たってコースが変わり、相手GKのセーブにも遭って、惜しくもゴールを奪うには至らなかった。

     それでも、過密日程のなかでも攻撃陣をけん引する輝きを放った久保に対し、英紙「インディペンデント」などで執筆するダーマット・コリガン記者は、自身の公式ツイッターで「18歳で欧州初挑戦にもかかわらず、久保はすでにマジョルカの真のリーダーだ」と惜しみない賛辞を送っている。

     また、スペインメディア「Sphera Sports」のドミンゴ・オルティス記者も、自身の公式ツイッターで「久保が才能を証明した」と称賛。チームは今季アウェーゲームで6戦全敗と厳しい戦いを強いられているが、久保は確かな存在感を示した。

    11/23(土) 8:39 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191123-00230743-soccermzw-socc

    【久保建英「マジョルカの真のリーダー」レバンテに惜敗も海外記者は存在感を称賛!】の続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/11/21(木) 22:16:54.92 ID:C9Tk6y0s9
     英『デイリー・メール』が2020年に注目すべき若手20名を選出。マジョルカに所属する日本代表MF久保建英(18)がアジア出身では唯一選出された。

     バルセロナの下部組織に所属していた久保は、クラブが18歳未満の外国人選手獲得・登録違反で国際サッカー連盟(FIFA)から制裁を受けた影響で2015年に退団。日本に戻ってFC東京や横浜F・マリノスで経験を積み、今年6月4日に18歳の誕生日を迎えたことを受け、レアル・マドリーへの移籍が決まった。

     現在は期限付き移籍でマジョルカに所属し、ここまで公式戦10試合で1ゴール1アシストを記録している久保。同紙は「久保は18歳にすぎないが、彼のキャリアはすでに波乱に満ちている」と紹介し、「バルセロナを激怒させるレアル・マドリーと契約。“日本のメッシ”と呼ばれる久保は、ついにスペインのトップリーグでチャンスをつかみ、マジョルカにレンタル移籍した」と綴った。

     久保のほかに、バルセロナ史上2番目の若さでトップデビューを果たしたFWアンス・ファティ、今夏にバルセロナの下部組織からパリSGに移籍したMFシャビ・シモンズ、今年9月にマンチェスター・シティで初出場を果たしたDFエリック・ガルシアらが選ばれている。

     同紙が選出した2020年に注目すべき若手20名は以下の通り。

    MFケネス・ テイラー(オランダ/アヤックス)
    MFシャビ・シモンズ(オランダ/パリSG)
    FWトロイ・パロット(アイルランド/トッテナム)
    DFエリック・ガルシア(スペイン/マンC)
    FWアンス・ファティ(スペイン/バルセロナ)

    FWウィレム・ジュベル(フランス/モナコ)
    FWリンコウン(ブラジル/フラメンゴ)
    MFセルヒオ・ゴメス(スペイン/ウエスカ)
    MF久保建英(日本/マジョルカ)
    GKガブリエウ・ブラゾン(ブラジル/アルバセテ)

    MFロマリオ・バロ(ポルトガル/ポルト)
    DFエドゥアルド・カマヴィンガ(フランス/レンス)
    MFアディル・アオチシ(フランス/パリSG)
    FWチャーリー・ブラウン(イングランド/チェルシー)
    MFモハメド・イハッターレン(オランダ/PSV)

    FWパブロ・モレノ(スペイン/ユベントス)
    FWセバスティアーノ・エスポジト(イタリア/ミラン)
    FWソンチェ・ハンセン(オランダ/アヤックス)
    MFドミニク・ソボスライ(ハンガリー/ザルツブルク)
    FWパウリーニョ(ブラジル/レバークーゼン)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191121-43474230-gekisaka-socc

    【久保建英、“2020年注目の若手20名”に選出! 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/20(水) 13:37:07.18 ID:ok/Q0QdQ9
    スペイン1部のマジョルカが久保建英を通じて“日本市場参入”の第一歩を記している。
    地元紙『ディアリオ・デ・マジョルカ』などによると、クラブの最高経営責任者(CEO)であるモランゴ氏が日本サッカー協会の原博美専務理事と会合の場を持ち、
    マジョルカのユニホームが日本国内で販売されることが決まったことを伝えている。

    記事では同CEOと写真に収まった原専務理事が久保の背番号26を手に笑顔を見せている。
    「マジョルカで多くのことを学んでいて、日本でプレーしていた時よりも向上している。
    レアル・マドリードからマジョルカに行く選択は正しかった。試合に出る機械が増えているのは明らかだ」という原氏のコメントを紹介している。

    『マルカ』紙では「日本の主要スポーツ用品販売会社の1つと契約した」「将来的な日本のスターの魅力を利用して、市場をアジアに拡大しようとしている」とも記されている。
    マジョルカとしては久保をクラブの経営戦略の一環として見ている模様だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191120-00010018-chuspo-socc
    11/20(水) 11:37配信

    【【ラ・リーガ】「マジョルカ久保建英ユニ」日本で販売と地元紙 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/11/19(火) 06:29:50.73 ID:XKB7uGlO9
    東京五輪は不安だらけ

    写真
    no title


    11月17日、U-22日本代表(以下日本)として初となる国内戦で、U-22コロンビア代表(以下コロンビア)と対戦した日本だったが、前半こそ0-0でしのぎきったものの、後半立ち上がりの2分に失点すると、14分にも追加点を奪われて0-2で敗れた。

     日本の次の試合は12月28日、長崎で開催されるジャマイカ代表戦。「東京五輪に間に合うのだろうか」と不安を抱いたのは私だけではないだろう。

     堂安律と、A代表招集後は初めて久保建英がチームに初めて合流したコロンビア戦だったが、決定機は後半36分に堂安のタテパスに抜け出した小川航基が放った左ポスト直撃の1回だけ。同年代にも関わらず、コロンビアの老獪な試合運びに完敗し、課題山積の国内初ゲームとなった。

     森保一監督は「国内初の試合ということで、絶対に勝って期待してもらおうと臨んだが、勝たないといけないが、プレッシャーになり、硬い入りで相手にペースを握られた」と敗因を語ったが、それを修正する能力が日本には欠けていた。

     立ち上がりの日本は3-4-3のシステムで、堂安と久保を「3」の両サイドに置いた。2人がボールを持ったら、本来ならウイングバックの「4」のアウトサイドの菅原由勢と菅大輝は彼らを追い越して攻撃参加しなければならないのに、どちらかというとボールウォッチャーになっていた。このため堂安と久保は孤立する場面が多く、複数の選手に囲まれてボールを奪われていた。

     日本の攻撃が活性化したのは後半17分に4-2-3-1にシフトし、堂安をトップ下に置いてからだった。これで堂安と久保の距離が近くなり、2人のコンビでコロンビアの右サイドを崩すシーンが増えたことは、数少ない収穫と言える。もしも彼らをサイドに置くのなら、トップ下には2人の関係性を活性化できる南野拓実をオーバーエイジ枠で起用すべきだろう。

     ただし不安もある。海外組の招集は代表ウィークに限られているため、12月28日の試合や来年1月に開幕する東京五輪アジア最終予選に呼ぶことはできず、カタールW杯アジア2次予選が再開される3月まで待たなければならない。限られた日数でいかにコンビネーションを高めていけるのか、森保監督にとっても頭の痛いことだろう。

     中盤の構成も日本のウィークポイントだ。田中駿汰と中山雄太のボランチコンビは、DFラインからパスを引き出すものの、それを前の選手につなぐだけで、ゲームを作っているとは言いがたかった。今回招集されたメンバーを見ても、サイドの突破を得意とする選手が多い。やはりここにはオーバーエイジ枠で柴崎岳が欲しいところだ。

     最後にこの試合で一番の課題として上げたいのが、「攻守の切り替えの速さ」だ。日本は呼吸が合わずパスミスをしたり、コロンビアの選手に囲まれてボールを取られたりしていた。サッカーにミスはつきものなので責めることはできない。問題はその後で、「奪われたら奪い返す」姿勢に欠けていた。「奪われたら奪い返す」のは、システムや年代に関係なく現代サッカーに求められるプレーである。

     堂安自身も試合後は「球際で負けすぎていた。誰かがやってくれるだろう、誰かが守ってくれるだろうと、そういうふうに見えた。自分も全然、体を張るシーンが少なかった。そこはチーム全員が持つべきところ」と課題として指摘していた。

     コロンビアは高い位置でも自陣近くでも、囲って奪ったら素早くカウンターに結びつけていた。本来なら日本がやらなければならないサッカーを演じていたと言ってもいい。

     前日の会見で森保監督は「金メダルを目指すと選手には伝えた」と明かした。そのためにも選手には、昨夏のロシアW杯ラウンド16の日本対ベルギー戦、「ロストフの悲劇」をいつも心に留めておいてプレーしてほしい。

    六川亨(ろくかわ・とおる)
    1957年、東京都生まれ。法政大学卒。「サッカーダイジェスト」の記者・編集長としてW杯、EURO、南米選手権などを取材。その後「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。

    週刊新潮WEB取材班編集

    2019年11月19日 掲載

    11/19(火) 5:59配信 ディリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191119-00593299-shincho-socc

    【【日本代表】東京五輪は不安だらけ!堂安と久保を孤立させた“戦犯”の名は? 】の続きを読む

    1: ぜかきゆ ★ 2019/11/19(火) 19:08:16.44 ID:slWrz3/H9
    久保建 次のレンタル先はドルトムントか

     MF久保建英(18=マジョルカ)の“次の修業先”はスペイン国外か。

     期待の「日本の至宝」はU―22日本代表のコロンビア戦(17日)で不発に終わり、東京五輪代表入りへ暗雲が垂れ込めてきた。今後はスペイン1部マジョルカに戻りアピールすることになるが、ここまで途中出場が多く、苦しい状況が続いている。

     一方で久保と同じように同レアル・マドリードから期限付き移籍で修業中の若手が続々と台頭。同レアル・ソシエダードで今季11試合に先発しているMFマルティン・ウーデゴール(20)らが“即戦力”として来夏に呼び戻される可能性が濃厚に。スペインメディア「ドン・バロン」は久保について「レギュラーに定着できておらず再びレンタルに出される」と報じ、現地でも再レンタルの観測が広がっている。

     それでも救いは、久保の評価がスペイン国外のクラブで高いこと。欧州事情に詳しい代理人は「(ドイツ1部)ドルトムントなど強豪クラブが関心を持っているようだ」と指摘する。

     ドルトムントは若手の育成に定評があり、MF香川真司(30=サラゴサ)も21歳で移籍してすぐに活躍。日本人選手も適応しやすい土壌がある。Rマドリード側も、久保が弱小クラブのマジョルカで本来の実力を生かしきれていない反省から、次にレンタルに出す場合は質の高い選手が多い強豪クラブに出す方針にシフトしつつあるという。実際、DFアクラフ・ハキミ(21)が昨季Rマドリードからドルトムントに期限付き移籍して活躍している。両クラブにはパイプがあり、久保も同様のレールに乗る可能性があるのだ。

     他にもフランス1部パリ・サンジェルマンなど欧州各国の強豪が久保に熱視線を送っている模様。U―22日本代表の活動を終えてスペインへ戻った久保にとっては、今季の後半が将来を左右する重要な場となる。

    東スポWeb 11/19(火) 16:33配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191119-00000023-tospoweb-socc

    【久保建英、次のレンタル先はドルトムントか 】の続きを読む

    このページのトップヘ